katter

 3歳からバイオリンを始め、中学時代にバンドを始める。

高校時代には日テレの番組に出演し話題に。

その後、バンドで全国ツアーやTV出演の経験を経て2017年よりkatter名義で活動を開始。

ライブではループマシンを駆使し、ギター、ベース、ボイパ、シンセ、コーラスを重ね即興でトラックを構築。

アコースティックとHIP HOPをミックスした、今までにない弾き語りのスタイルを特徴とする。