katter

3歳からヴァイオリンを始め、大学時代にCDデビュー。

様々なバンドでTV出演やホールライブを経験。

2017年よりkatter名義でソロ活動を開始。

ライブではループマシンを駆使。即興録音を行い、ラップやテクニカルなギター、ビートボックス等様々な要素を融合。

他にない弾き語りのスタイルでバンドやグループに引けを取らないパワフルなステージを展開。

他アーティストへの楽曲提供やレコーディング等も手掛ける。